トップページアクセスマップ登録企業管理画面ログインお問い合わせ



履歴書とは、採用担当者がまだ会ったことのない、あなたという人間を判断するための、唯一のプレゼンテーションツールです。応募者が多数の場合、書類選考で落とされてしまうという厳しい現実を知らなくてはいけません。採用担当者が「面接をしてみたい」と思うような、あなたの人となりと熱意が伝わるよう心を込めて作成し、次のステップにコマを進めましょう。

良い履歴書とは、この会社で働きたいという熱意が伝わること、また、相手(採用側)に読まれることを意識し、一生懸命、誠実に書かれたものです。どんなに熱意を持って応募しても、雑な履歴書では、あなたの熱意や誠実さを採用担当者は汲み取ることは出来ません。
日頃から、自分のキャリア・スキル・資格などについて整理し、自分の能力が生かせるポイントや今後の方向性に関して、自分の言葉で言えるようにしておくことがポイントです。
採用担当者は、履歴書の限られた情報から、あなたの人物像、採用されたいという熱意、キャリアを判断します。その判断材料となるものは、写真、書き方、文字の丁寧さ、内容などのすべてです。
履歴書一番上・・・・・・提出年月日を明記
写真・・・・・・礼儀正しく、良い印象のものを
連絡先・・・・・・ 日中でも連絡の取りやすい連絡先を明記
学歴・・・・・・義務教育は卒業年度のみ記入
職歴・・・・・・入社、退社歴を漏れなく記入
資格・・・・・・資格取得のために勉強中のものがあればその旨を添えて記入
志望動機・・・・・・最も重要な項目・「熱意」をアピールしよう
本人希望欄・・・・・・ ここでも自己PR