トップページアクセスマップ登録企業管理画面ログインお問い合わせ

職務経歴書は、履歴書に書き込めないこれまでのキャリアや実績を説明するための書類です。単に履歴書の経歴を詳細にするのではなく、どこでどんなスキルを身に付け、どのくらいの実績を上げたかという具体的なキャリアや、今後の意気込みをアピールするための、あなた自身のプレゼンテーション資料です。具体的には、「職歴」「実績内容」「得意分野/スキル」「資格」「自己PR」といった項目を記載していきます。全く異なる業種への転職であっても、業種を問わず活かせる能力はたくさんあります。仕事に対する姿勢、コミュニケーションスキル、自己啓発の要素、個性や熱意など、自己PR欄を充実させることで評価されます。
パソコンで作成
特に定型のフォーマットはなく書式は自由ですが、読みやすさや、自分なりに工夫できることを考えると、パソコンで作成したほうがよいでしょう。特に事務職などはPCスキルが一般的に求められる為、見やすく簡潔に書かれているかなどといった、文書作成スキルがあることをアピールすることにもなります。
A4サイズ1~2枚程度
採用担当者には日々、大量の応募が届いています。自分が伝えたいことを記載するのではなく、「見やすい」、「わかりやすい」ものであることが大切です。職務経歴書はあまり書き込みすぎず、書くことを絞って簡潔にまとめましょう。枚数は、A4サイズ1~2枚程度が一般的です。
簡潔に言い切り型で記載
基本的に口語口調(「です」「ます」等)は避け、箇条書きで、簡潔に言い切り型(「○○を経験」等)となるよう記載します。
形式は、「編年体式」「キャリア式」の2タイプ
基本的に、形式は決まっておらず自由にまとめるものですが、「編年体式」「キャリア式」の2つのタイプがあります。職種ごとにアピールポイントが違ってくるため、それぞれに合わせたタイプを選択します。





職歴
・在籍した会社概要を記載し(業務内容、売上高、従業員数など)、スケールをイメージしやすくする
・いつからいつまで、どこの部署・部門で、具体的に何の業務に携わってきたかを整理し、時系列で並べる
実績内容
・仕事によってどのような実績を残したか、また、業務における役割を明確にする
・売上・利益、業務改革、コスト削減、顧客満足度の向上など数値化できるものは、できるだけ数値を詳細に記入
・特に希望する職種に関連した経験は、積極的にアピール
得意分野/スキル
・仕事によって取得した業務知識、スキルなどを記入
(語学レベル、使える OA ソフト、コミュニケーションスキル、マネジメントスキルなど)
資格
・応募先の職種に関係なく、持っている資格は取得年次順にすべて記入
・名称は正式名称で記入
・取得を目指して勉強中のものがあればその旨を添える
自己PR
・自分自身がこれから発揮できる能力や、仕事に対する思いなど、長所や熱意を伝える
・新しい職場でどのような仕事をしたいか、またその理由を志望動機と交える